FC2ブログ

mauna kea/socks

<マウナケア/ソックス>

もとは足袋や素足の文化だった日本に、靴下が普及しはじめたのは明治時代。
明治後期より靴下の生産が盛んになったのが奈良県広陵町である。
江戸時代より綿花と木綿の産地だった広陵町は、その背景を活かして海外より靴下用の手回し編み機を導入。
大正時代には自動編み立て機も導入され、米作農家が農閑期に行う副業として広まった。
戦後の最盛期には、地元の組合に200軒以上の靴下工場が加盟していたという。現在でも国内で生産される
約6億本の靴下のなかで、日本有数の靴下の産地である奈良県広陵町はシェア約4割と日本一を誇っているのです。

mauna keaで使用しているのは多彩な色糸とネップが不均一に混ざった杢糸。
機能性と天然素材にこだわり、吸湿性と速乾性を兼備させるためにコットンにヘンプを混紡した素材です。
厚手の生地ですので丈夫で抗菌消臭効果もあり汗を吸収する素材と水分を発散する素材を混合しているので、蒸れにくく爽快な履き心地がオールシーズン持続します!
またゴム部分の締め付けを一箇所に集中させず、ゴムの範囲を広くとることでゴムの締め付ける力を分散しています。この結果ゴム部分が蒸れにくく、痒みなどのお肌へのストレスの軽減、 また、ズレの防止効果を実現しました。

靴下は筒状に編まれるのですが、編み機の特性上、径の太さは一定になります。
そのため、パターンで履き心地を出すには限界があり、編み目と糸の太さが重要になってきます。

一般的な編み機で靴下を製造する場合、その針数が170本~180本なのに対し、日産80本ほどと規模は小さいながらも、25年以上も前から稼動し続けるこの編み機はその3分の1である60本です。

針数60本の靴下は、一般的な180本の編み機よりも編み目に余裕があり、糸も通常より太いものを使うことができる。
つまり余裕のある編み目がそれぞれの足のカタチに沿うため、とても履きやすい靴下になるというわけです。

編み機が古いものなので日本国内にはほとんど残っていませんが、ザックリとした編み目はこれでしか再現できません。

麻と綿の微妙なバランスそして土踏まずを刺激するサポーター履き心地は抜群に良く、この混率が汗を吸い外へ出しあの嫌なベタベタ感が無く何時でもサラサラで快適また丈夫で長持ちも致します。
現在は吸湿速乾性をうたった化学繊維の靴下などもありますが、それは天然素材が本来もっている機能を再現したにすぎず、ウールやヘンプでもその特性をうまくコントロールすれば十分快適な靴下はつくれるんです。

私も今までアメリカ製のWIG◯AMや、TWO FEET ◯HEAD、イギリス王室御用達のCo◯giなど、色々な靴下を履いてきましたが、最後に行き着いたのがこのmauna kea(マウナケア)です。

靴を脱いだ時、こんな靴下はいてたら、素敵じゃないですか?
履き心地、そして価格、最高にオススメの靴下です!!

たかが靴下!されど靴下!

Size : 各 / W's(23cm 〜 25cm) & M's(25cm 〜 27cm)
Price:¥1,000+tax
R0012981.jpg
R0012985.jpg
R0012987.jpg
R0012982.jpg
R0012986.jpg
R0012988.jpg
R0012983.jpg
R0012984.jpg
R0012989.jpg

スポンサーサイト

2016/07/25 14:11 | OTHERCOMMENT(0)  TOP

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |