FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

mauna kea/socks

<マウナケア/ソックス>

もとは足袋や素足の文化だった日本に、靴下が普及しはじめたのは明治時代。
明治後期より靴下の生産が盛んになったのが奈良県広陵町である。
江戸時代より綿花と木綿の産地だった広陵町は、その背景を活かして海外より靴下用の手回し編み機を導入。
大正時代には自動編み立て機も導入され、米作農家が農閑期に行う副業として広まった。
戦後の最盛期には、地元の組合に200軒以上の靴下工場が加盟していたという。現在でも国内で生産される
約6億本の靴下のなかで、日本有数の靴下の産地である奈良県広陵町はシェア約4割と日本一を誇っているのです。

mauna keaで使用しているのは多彩な色糸とネップが不均一に混ざった杢糸。
機能性と天然素材にこだわり、吸湿性と速乾性を兼備させるためにコットンにヘンプを混紡した素材です。
厚手の生地ですので丈夫で抗菌消臭効果もあり汗を吸収する素材と水分を発散する素材を混合しているので、蒸れにくく爽快な履き心地がオールシーズン持続します!
またゴム部分の締め付けを一箇所に集中させず、ゴムの範囲を広くとることでゴムの締め付ける力を分散しています。この結果ゴム部分が蒸れにくく、痒みなどのお肌へのストレスの軽減、 また、ズレの防止効果を実現しました。

靴下は筒状に編まれるのですが、編み機の特性上、径の太さは一定になります。
そのため、パターンで履き心地を出すには限界があり、編み目と糸の太さが重要になってきます。

一般的な編み機で靴下を製造する場合、その針数が170本~180本なのに対し、日産80本ほどと規模は小さいながらも、25年以上も前から稼動し続けるこの編み機はその3分の1である60本です。

針数60本の靴下は、一般的な180本の編み機よりも編み目に余裕があり、糸も通常より太いものを使うことができる。
つまり余裕のある編み目がそれぞれの足のカタチに沿うため、とても履きやすい靴下になるというわけです。

編み機が古いものなので日本国内にはほとんど残っていませんが、ザックリとした編み目はこれでしか再現できません。

麻と綿の微妙なバランスそして土踏まずを刺激するサポーター履き心地は抜群に良く、この混率が汗を吸い外へ出しあの嫌なベタベタ感が無く何時でもサラサラで快適また丈夫で長持ちも致します。
現在は吸湿速乾性をうたった化学繊維の靴下などもありますが、それは天然素材が本来もっている機能を再現したにすぎず、ウールやヘンプでもその特性をうまくコントロールすれば十分快適な靴下はつくれるんです。

私も今までアメリカ製のWIG◯AMや、TWO FEET ◯HEAD、イギリス王室御用達のCo◯giなど、色々な靴下を履いてきましたが、最後に行き着いたのがこのmauna kea(マウナケア)です。

靴を脱いだ時、こんな靴下はいてたら、素敵じゃないですか?
履き心地、そして価格、最高にオススメの靴下です!!

たかが靴下!されど靴下!

Size : 各 / W's(23cm 〜 25cm) & M's(25cm 〜 27cm)
Price:¥1,000+tax
R0012981.jpg
R0012985.jpg
R0012987.jpg
R0012982.jpg
R0012986.jpg
R0012988.jpg
R0012983.jpg
R0012984.jpg
R0012989.jpg

スポンサーサイト

2016/07/25 14:11 | OTHERCOMMENT(0)  TOP

VANS/ERA HALF MOON

<バンズ/エラ ハーフムーン>

vintage市場で、未だ根強い人気を誇る名作が復活しました!
1970~90年代に生産されていた、トゥーガードが付いたつま先部分が特徴の"HALF MOON<ハーフムーン>"。
当時のモデルをイメージしたヒールパッチのプリントや、通称「青タグ」と呼ばれるピスタグを採用し、その味わい深いディテールを再現。アッパーにはレトロな雰囲気をかもし出すキャンバスを使用しています。
そして今回こちらのモデルは、ABCマートさんでの取り扱いはございません。
個人的には二色買いで、ネガティブ履きもおもしろいかと。
お好きな方は、お早めにどうぞ!

Color : Navy , Red
Material : Nylon 100%
Size : 5H , 8 〜 10
Price:¥7,500+tax
R0012961.jpg
R0012965.jpg
R0012963.jpg
R0012970.jpg
R0012973.jpg
R0012976.jpg
R0012977.jpg
R0012962.jpg
R0012979.jpg
R0012959.jpg

2016/07/18 17:00 | SHOESCOMMENT(0)  TOP

GRAMICCI/NN-SHORTS

<グラミチ/NN-ショーツ>

ストーンマスターと呼ばれ、1970年代のヨセミテクライミングをリードしてきたクライマー、マイク・グラハム。
その彼が当時のクライミングウエアに満足できず、より動きやすく機能性に富んだウエアを作り出すため、
1982年にカリフォルニア・オックスフォードで創設したブランドが「グラミチ」です。
ブランドネームには彼のニックネームがそのまま使われています。
グラミチのプロダクツのテーマはブランド立ち上げの動機ともなった“動きやすい”ウエアの開発。
そうして誕生したのが、180度開脚しても股に抵抗を感じさせない「ガセット・クロッチ」というステッチング方法です。
それと合わせ、パンツは生地がかさばらない程度にゆとりをもたせたシルエットになり、
大きな動きにも柔軟に対応できるよう工夫されています。
いまではクライマーだけでなく多くのアウトドアファンに愛されるブランドです。
もちろんタウンユースにデイリーに穿いていただけます。

GRAMICCI SHORTSをスッキリした細身なシルエットに改良したナローショーツです。
前開きでバックポケットは2つ、ストレッチも入っているのでより快適にスマートにグラミチを堪能できる一本です。
片手で簡単にサイズ調節ができるウェビングベルトを使用し、股下は180度開脚可能なガゼットクロッチ。
これが快適性と足運びの良さを実現します。
アウトドアシーンはもちろん現在ではタウンユースとしても高い人気を得ています。

※こちらは縫製後に製品を染めることにより独特の風合いを出しておりますので、
1枚ごとに風合い・色合い・長さ等に若干の違いがございます。予めご了承ください。

Color : White , Chino , Olive , Double Navy
Material : Cotton 98% , Polyurethne 2%
Size : S , M , L
R0012944.jpg
R0012951.jpg
R0012954.jpg
R0012955.jpg
R0012956.jpg
R0012957.jpg
R0012958.jpg
R0012950.jpg
R0012949.jpg
R0012948.jpg

2016/07/08 17:02 | BOTTOMSCOMMENT(0)  TOP

WILD THINGS/RIVER GUIDE SHORTS

<ワイルドシングス/リバーガイドショーツ>

本格的クライミングメーカーとして81年アメリカニューハンプシャー州ノースコンウェイにて設立。創始者のマリーはスイスのシャモニーで代々続いているマウンテンガイドの娘として生まれました。本当に役立つ物作り,『軽くてタフでなければいけない』 というコンセプトをもとにブランドをスタート。最近ではマウンテニアリングからアルパインクライミングまで幅広く高性能なプロダクトを生み続けています。また米軍への供給実績も伸ばしています。

速乾性に優れたナイロンを使用した、「リバーガイドショーツ」です。
フロントジッパーに加え、ウエストの腰部分にはゴムが内蔵され、コットンのような肌触りのサプレックスナイロン製で、とても軽く快適な履き心地です。
フロント左右には水抜きの穴が設けられたマチ付きの変則ポケットが2重に設けられており、股下には180度開脚が可能なガセットが設けられています。短めのレングスになっており、速乾性のある素材のため、水場のレジャーからタウンウェアとしても着用可能な、水陸両用の多機能ショーツです。また軽量で洗濯してもすぐ乾き、小さく畳めるので、旅行先にもオススメです。
これからの時期、大活躍するショーツです!

Color : Ink , Purple , Black
Material : Nylon 100%
Size : S , M
Price:¥8,800+tax
R0012936.jpg
R0012921.jpg
R0012922.jpg
R0012925.jpg
R0012926.jpg
R0012927.jpg
R0012928.jpg
R0012931.jpg
R0012937.jpg


2016/07/07 15:43 | BOTTOMSCOMMENT(0)  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。